思春期は美肌でありたい?若い人向けのニキビ対策を学ぼう!

若い人に多く見られるニキビの特徴

毛穴に汚れが詰まって炎症を引き起こした状態を指すニキビは誰でも発症する皮膚疾患の一種ですが、皮脂の分泌量が多く汚れやすい若年層の人ほど発症リスクが大きくなります。特に思春期の人は新陳代謝が活性化する時期と重なるため、常にニキビが出来やすい状態になっています。また、体を入念に洗っても完全に皮脂を除去するのは難しいため、気づかないうちにニキビが出来てしまうのも思春期に多く見られる傾向です。

ニキビは軽度のものであれば自然に消えるのでそのまま放置することが多い一方、毟り取ってしまうと傷跡が残ってしまいます。傷口に細菌が入り込んで感染症を引き起こすケースもあるので、ニキビの数が多い場合は皮膚科の病院で治療を受けるのが無難な対処法です。

ニキビの無い綺麗な肌を保つためのポイント

ニキビは毛穴に汚れが詰まることで出来る疾患なので、表皮を綺麗に保つのが効果的な予防法です。こまめに体を洗って汚れや皮脂を洗い流すのがニキビ予防に繋がりますが、過度の洗浄は肌の潤いを損なう原因になります。また、石鹸の成分が毛穴に詰まってしまうケースもあるので、自身の体質に合った方法で汚れを落とすのが肌を傷つけないための条件です。

暮らしの中では皮脂の過剰な分泌を抑えるのがニキビ予防の重要なポイントになります。脂肪や蛋白質などの摂取を控えることで皮脂の分泌量を減らすことが出来ます。また、肌の潤いを維持する効果があるビタミン類を多く摂るのも皮膚疾患の発症リスク軽減に役立ちます。紫外線や熱水などの刺激を避けるのも毛穴の弾力性を保持して汚れの侵入を防ぐ工夫の一つです。

ニキビを治す方法として一般なものは、塗り薬を患部に付けることです。近年では、栄養ドリンクで治す方法もあります。