プチ整形でここまで出来る!プチ整形の施術方法を紹介します

埋没法で目を二重にする

プチ整形といえば、埋没法を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。埋没法は、アイプチの延長のようなものです。まぶたの内側から糸で皮膚を固定することで、二重をつくる施術方法です。まぶたの皮膚や脂肪が薄い方が、二重の幅が取りやすいです。また、糸が取れにくいため効果が長持ちします。皮膚や脂肪が厚いと、二重の幅が狭かったりすぐに糸が取れる可能性があります。そのような人は、切開法の方が効果を感じやすいです。

ヒアルロン酸で鼻を高くする

プチ整形で鼻を高くする方法は、ヒアルロン酸注入です。ヒアルロン酸を鼻筋や鼻の付け根などに注入することで、鼻筋を通したり鼻を高くすることが可能になります。

また、ヒアルロン酸は鼻だけではなくあごや唇にも注入することが出来るのです。あごに注入すると、横から見たフェイスラインがきれいになります。そして、唇にヒアルロン酸を注入するとふっくらとしたセクシーな口元を演出出来ます。

ボトックスでエラを小さくする

エラが張って見える原因は、骨と筋肉にあります。筋肉が発達してエラが張って見える場合は、ボトックスを注入することで改善出来ます。ボトックスには筋肉が発達するのを緩和する作用があるため、エラを小さくすることが可能になるのです。

また、ボトックスはガミースマイルの改善にも効果的です。ガミースマイルとは、笑ったときに歯茎が見える笑い方のことです。上唇の筋肉が発達しすぎると、笑ったときに上唇が引き上げられてしまいます。ボトックスを注入することで、上唇が引き上げられるのを防ぐことが出来ます。

IPLという光を照射し、美容効果を得る治療法です。フォトフェイシャルは医療機器のため、医療機関でしか扱われていません。シミやシワ、ニキビなど、複数の肌トラブルを同時に対応出来ることも特徴です。