プチ豊胸だとなんだか物足りない人に

胸のサイズを一気に多くさせたい場合は、ヒアルロン酸などを注入するよりはインプラントを挿入する方がおすすめです。フィラーを注入するプチ整形は確かにダウンタイムはありませんし、気軽に誰でも受けることができます。でも、一定期間すると人体に吸収されてしまうので、豊胸効果が定着しないんですよね。でも、インプラントなら一回挿入してしまえば半永久的に大きな胸のままでいられますし、大きな胸でも垂れてくる心配もありません。身体にメスを入れるのはちょっと…という人も、最近の豊胸手術は傷跡が目立たないように配慮してくれるので安心してくださいね。漏斗型の補助器具を使って、肌への負担を極力抑えてくれるクリニックもあります。

異物を入れるから副作用が気になる…

インプラントを挿入する手術の副作用と言えば、やはり拘縮でしょう。インプラントを身体が異物と認識すると、ダメージを受けないために被膜が包み込むようになります。もし被膜が出来ても、薄いものなら自然に周辺の組織になじんでいくので問題はありません。しかし、質が悪くて分厚い被膜だと胸の形に異変が起こったり、本来の柔らかさが損なわれてしまいます。これが拘縮と呼ばれる現象です。今はインプラントそのものの改良が進んだので、整形手術後に拘縮が起こる確率は1パーセントくらいになりました。万が一拘縮が起きたとしても、マッサージなどで対処することができます。もし症状が深刻な場合は、別のものに挿入し直せば大丈夫ですよ。

小陰唇縮小とは、肥大してしまった小陰唇を小さくしたり形を整えることです。治療することで、日ごろの痛みや悪臭が改善され、色を薄くする効果があります。