毛乳頭をレーザーで焼き切るメカニズム

脱毛方法にはサロンで受けられるフラッシュ脱毛と、クリニックで受けられる医療レーザー脱毛があります。どちらも毛乳頭に光やレーザーで熱を照射してムダ毛の再生を阻止するというメカニズムですが、医療レーザー脱毛の方が出力も高く脱毛効果が高くなります。だからといって、誰でも医療レーザー脱毛が向いているというわけではなく、自分に合った脱毛法を選ぶことが大事です。

痛みに弱い人には向いていない

医療レーザーは出力が高いため、サロンのフラッシュ脱毛よりも痛みが強く、痛みに弱い人には向いていない方法です。麻酔を施してくれるクリニックもありますが、痛みに敏感な人はサロンのフラッシュ脱毛を受けるのが無難でしょう。医療レーザー脱毛でツルツルの状態になるには、6回から8回の施術が必要であるため、毛周期に合わせて施術を受けると1年から1年半ほどかかる計算となります。サロンの脱毛はさらに時間が長く、ツルツルにするまでには2年から3年かかるのが一般的です。

施術後は少し火照った感覚

医療レーザー脱毛の術後は少し火照った感じがしますが、保冷剤などを使ってクールダウンすると解消します。万が一赤みなどがひかなかった場合でも、医師が適切な処置をしてくれるので安心です。多くのクリニックでは、施術の後に赤み止めのクリームを処方してくれるので、施術後は毎回塗るようにすると良いでしょう。施術の回数を重ねるごとに自己処理をする頻度もどんどん減っていくため、5回目以降からは快適に過ごせるようになります。

医療レーザー脱毛を新宿で希望している場合は、実際に体験した人の口コミを参考にしてクリニックを選ぶのがおすすめです。